Just another WordPress site

WordPress

未分類

ツルツルした外壁は塗れない

更新日:

外壁塗装業者から塗装の話しをされてからは、定期的に建物診断を行うようにしています。余計なオウトツが見られないことが塗りの作業では重要になる話しですが、業者いわく、適度なひっかかりがあることがベストだと話してくれました。ヒビやへこみがある場合も外壁塗装を必要とするようで、このときはパテや充てん剤で埋める作業が必要になるそうです。実際にその作業も見学しました。しかし、素人から言わせてもらえば、外壁はツルツルしているほうがいいと思っていました。業者から説明されたのは、表面が鏡みたいにツルツルしていると、塗料の膜が密着できず、剥がれの原因になる話しをしてくれました。ですから、業者は研磨用のツールを用いり、表面をワザと荒らすことをしてくれました。塗装するものが外壁でしたが、問題があるのなら、処理をしてから塗装をすることが必要になるので、知識ゼロで塗りの作業はしないほうがいいと思います。ひと手間かけるだけで塗膜の寿命をぐんと長くすることができますし、それだけメンテナンスにかかる費用もかからないので助かりました。我が家の場合、外壁の一部、地面に近い部分だけコンクリートが見えている状態で、そこにヒビが発生しています。外壁ではないにしても、業者に相談したら下地処理を行ってくれました。コンクリートに入ったヒビには、モルタルを注入してくれて、研磨してから塗装してくれたので、ヒビはキレイに見えなくなりましたから、満足しています。

-未分類

Copyright© WordPress , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.