Just another WordPress site

WordPress

未分類

外壁は効果が続くワケではなかった

更新日:

カビやサビが外壁に付着していても、外壁塗装はできます。しかし、大工業をしていた父いわく、塗装ができても塗料の塗膜はすぐに剥がれてしまうといいます。それでもいいという人は少ないでしょう。それだけ費用もバカになりません。せめて、塗料にも掲載されている耐久年数までは新たに塗り直すことがない、そこまでは防いでおきたいものです。もちろん、我が家も父がメンテナンスを行い、足場を組むリフォーム会社に相談をして外壁塗装を行います。時には塗り替えることもありました。現在の住まいとは別に、これまでも中古住宅を購入して暮らしていたので、外壁塗装の体験・経験もあります。こうした難を防ぐためには、表面の汚れ、カビ、サビ、剥がれなどを取り除くことが必要になりますし、隣人宅の場合は、壁の一部が崩れていて、その部分をシーラーという下地剤を使い固めることが必要だといいます。特に気になるのは、我が家の場合は外壁というよりもサッシや換気扇まわり、鉄部のサビだったり、カビです。雨風にさらされるのだから、機能性能に優れているはずだと思い込んでいました。しかし、機能も経年劣化によって劣るワケで、ずっと防水性が保てるワケでも防カビ剤の効果があるワケでもありません。どちらも外壁塗装には天敵です。塗装というより、塗料にとって天敵になるので、まずは、そこをクリアにしてから機能性能塗料を外壁に塗っていくことをしなければならず、手間を惜しまないようにしています。

-未分類

Copyright© WordPress , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.